プラチナ積立の投資・購入方法

プラチナ積立は投資の方法としてはまず現物取引であるという事を覚えておきましょう。ただプラチナを投資する方法としては、プラチナ積立以外の方法もあり、それは先物取引です。現物取引と先物取引は具体的にどう違うかという事を述べさせて頂きます。

現物取引というのはプラチナという現物をお金を払って購入する取引の事です。当然金額以上のプラチナを手にする事は出来ませんが、金額相当のプラチナは間違えなく手に入ります。

貴金属店でその場でプラチナを購入する、という事も可能でそれも現物取引に相当します。基本的にはプラチナ地金といわれるものを購入する事になります。このプラチナ地金は金地金と同様、保存等がしやすい形に加工してあるものです。

プラチナ地金は100gや500gのものがありますが大変効果なプラチナですから、100gのものでもざっと50万円はしますから決して安いものでは在りません。ですからプラチナ地金以下の量のプラチナを購入する方法として、プラチナ積立があり、これも現物取引にあたる投資方法です。

プラチナ地金より低い金額で積み立ててもちゃんとした現物のプラチナを購入している事になります。

もう一つの先物取引は、現物取引のようなプラチナそのものを購入する分けではありません。売買する両者が決めた期日に実際の取引となります。つまり未来に取引する権利の売り買いとなりますから、資金相当量以上のプラチナの売買権利を取引する事が可能です。

全くの無一文ではもちろん無理ですが、取引するプラチナ相当額を大幅に下回る証拠金というものを支払えば先物取引は可能なのです。こうした性質上、短期で大幅な利益を得ることも可能である反面、大変大きな損害が発生する可能性もあるのです。

プラチナ相場は、未来を見通すことが他の投資商品に比べて困難だといわれることもあり、かなり大きなリスクを抱える投資方法といえるでしょう。ですから一般的におすすめなのは当然現物取引であるプラチナ積立でしょう。

月額料金をドル・コスト方法によりプラチナを購入するという現物取引の中でも大変リスクが低い方法がプラチナ積立です。