プラチナ積立の仕組み

プラチナ積立の仕組みは大まかにいえば、こちらで設定した金額をプラチナ積立の会社が代行してプラチナを購入し、積立しくという仕組みです。

そしてその買い付け時期は、毎日となります。毎月の頭や、末日にまとめて購入という事ではなく、プラチナ取引市場が開いている日毎日にプラチナを購入します。

また毎日の購入額は設定した月額割ることの、月の市場が開いている日数となります。ちなみにこの購入方法はドル・コスト平均法と呼ばれています。

なぜこのような購入方法にする必要があるかというと、プラチナの市場価格は日々変動するものという事を考えてみてください。毎日一定の額でプラチナを購入する事で、その価格変動からくるリスクを回避する事が出来るという事が出来るからです。

プラチナの価格変動は純金などに比べて大きいと言えます。価格が下がっている時には普段より大きく買う事は利益の増加に繋がります。こうした時期を狙い、普段設定してい金額に上乗せした額でプラチナを購入するという事も可能です。

これはスポット購入と呼ばれており、スポット購入は会社のサービスの一つとして取り扱っています。また大抵のプラチナ積立を取り扱う会社はこのスポット購入を行う際に手数料を取る事はありません。

日々の一定金額でのプラチナ購入に加えて、のプラチナ価格の変動をうまく読み取り、一時的に大量にプラチナを購入するというスポット購入。この2つを合わせて積み立てていくというのがプラチナ積立の仕組みです。

スポット購入というのは読み間違えば当然損をするという事もありますから、スポット購入を望む人も居れば、特に行いたくないと考える人もいるでしょう。より堅実にと考えれば、なかなか先の相場を読み取りにくいプラチナですから、スポット購入はしない方が良いと言えるでしょう。

ですからあえてスポット購入をせずに、日々の一定金額でのプラチナ積立のみの方法だけをしていくという事はもちろん可能です。