プラチナ積立とは

プラチナ積立とは月に一定額を積立、その中から日割りでプラチナを購入し、積み立てていくという投資の手段です。

プラチナは科学的に安定しており、高級貴金属として装飾品として多く利用されており、特に近年では工業製品での利用も大変高まっています。

プラチナは大変高価なものですが、プラチナ積立では最低限度額、月に3,000円からも利用する事が出来ます。貴金属を購入し、積み立てていくという純金積立と同様の性質を持っているため、プラチナ積立と純金積立の両方を取り扱っている会社も多くあります。

プラチナ積立は純金積立と大抵の面で類似しています。しかし一番違いがある部分はどこかというと、やはり金に比べてプラチナは変動が大きいということが言えると思います。

またプラチナという貴金属は工業用では自動車の排ガスの浄化媒体として利用されているといった、エコ系の工業製品においての需要が非常に高いです。近年高まるエコの関心により、それに関する産業も近年急激に伸びているといった背景もあり、ここ数年に限って言えば純金よりもプラチナの需要の方は伸びているといえます。

プラチナは絶対量が非常に少ない大変貴重なものです。そのため市場自体が小さいです。どれだけ小さいかというと、金の市場の実に5%という小さです。市場が小さいとどうしても価値の変動の上下幅は大きい市場のものより大きくなりますから、プラチナの価値の変動は大きいものだといえるでしょう。

しかし株や為替などと違い、一定の価値をもった貴金属であるという事も忘れてはいけません。プラチナの価格は日々変動しているにしても、一定の価値が認められている貴金属である事は今後も普遍でしょう。

純金積立とプラチナ積立は類似点は大きいといえます。しかしプラチナ積立に言えることは、純金のように利益が大きくなければ損失も少ないとは逆で、利益も損失も比較的大きい投資方法だと言えます。

ただ近年のプラチナの価格の変動を見る限りでは全体的には上昇傾向にある事も覚えておくべきでしょう。