金地金の価格とは

金の相場が決まる上で重要な市場が、香港・シンガポール、チューリッヒ、ロンドン、ニューヨークのそれぞれにあり、この4つの市場が世界中の金の価値を決めています。その中でもひときわ大きい市場が、ロンドンの金市場です。毎日、午前10時30分と午後3時の2回、金の価格が発表されます。その価格はフィキシングと呼ばれる取引によって決められます。

トロイオンスという貴金属の国際取引上で扱う単位がありますが、それに対する米ドルで価格が決まります。ちなみに1トロイオンス、31.1035gです。日本ではこれとは違い、1グラムあたりの円で表示されています。

まず香港市場のドル建ての価格を円の価値に換算します。トロイオンスもグラムへと変更し、価格を計算していきます。さらに日本はこれらの金は海外から輸入するという事になりますから、市場価格そのままで手に入れるという事は不可能です。

パーチャージとは

よほどの資産家ではない限り、仲介業者を通して金を買います。大手地金商や鉱山系企業の事ですね。そういう企業を通して買うとなれば、当然仲介手数料がかかります。

特に500グラム以下となれば、パーチャージと呼ばれる手数料がかかります。500グラムの金は日本円で換算すると、200万円位の価値となりますから、一般の人はこのパーチャージを支払う事を前提に考えるべきかもしれません。

大量にまとめて買えば安くなり、ちょびちょびと買えば高くつくというのは、他の商品の取引と全く変りません。

金取引にかかる費用

また金硬貨として購入する場合ですが、金貨は加工を施してあるものですからそれに伴う費用が上乗せされます。金硬貨の値段と、その金貨のグラム数かける金相場の値段を計算してみると、かなり割高になって居る事が解ります。

しかし少量の金でも購入でき、少量でも金の取引が可能になるという点では、人気があるようです。

金の価格とは、金相場上の価格だけでなく、手数料といったものも多少上乗せされるという事を、覚えておく必要があります。