金地金投資とは

投資の対象として、不動産や株、その他様々なものがありますが、金を対象にした投資の事が金投資です。なぜ様々な投資先があるのに、金を選ぶのかという疑問が生じるかもしれません。

多くの投資商品は、その価値の変化が大変激しいです。バブル経済崩壊によって、不動産や株価の値段が大きく変ってしまった事は、ある年齢層の人達にとっては悪夢のように記憶にあるでしょうし、近年あった世界金融危機も記憶に新しいです。

金はそうした経済、社会情勢の影響をあまり受けない、普遍的な価値をもった貴金属です。装飾品だけでなく、工業や医療の分野においての価値も高くありますので、安定した投資先としては近年、大変な人気を持っています。

金は一定の価値を持ち続けるもの

金は、株式などと同様にちゃんとした取引市場が世界各国にあり、24時間取引が行われています。 取引方法は、現物取引と証券取引の2つがあります。

現在一般にも普及している金積立は、現物取引に含まれます。我々日本人が馴染み深いのはもちろん、円というお金ですがこれらの金市場では、日本市場でもドルで金の価値を換算して取引を行います。

ですから先ほど金の価値は経済界の変動による影響をあまり受けないと書きましたが、この点に関しては若干その影響は受けると考えるべきでしょう。しかし金を資産としてかなり所有していた場合、お金の価値が大きく変動してしまったという状況下にあっても大変心強いでしょう。金はそうした状況にあっても、一定の価値を持ち続けるものなのです。

金投資を選ぶ人が増えている理由とは

このように、金という資産は大変安定しています。裏を返せば、株などのように資産運用により大きな利益を手に入れたいと考えている人にとってはあまり向いていない資産運用方法と言えるかもしれません。

1日の取引で多額の利益を得た、といった途方も無いエピソードに惹かれ株などに手を出す人は少なくありませんが、その反面、この先の見えない現代において、堅実的な貯蓄に対するニーズも非常に高まっています。金投資を選ぶ人が増えているというのも、この当たりに理由があるのかもしれません。