純金積立が注目されるワケ

純金積立が注目されることは、今の時代を考えれば当たり前のことだと言えます。

2008年のリーマンショックを皮切りに金融危機が始まり、市場全体が株価の不安定感を受け、混乱が続きました。今で さえ、少しづつ落ち着きを取り戻していますが、ヨーロッパや日本はもちろん、アメリカや中国でも破綻前の勢いを取り戻せてはいないのが実状です。

そんな中、あなたのような賢い投資家たちは、紙切れになり得る株や為替に見切りを付け、実物資産である「金」にマネーを移し始めました。

純金積立は安定した資産運用の代表格

純金積立は安定した資産運用の代表格として有名です。現在も金地金の価格は高値で推移し続けていますが、その反動で落ちるようなこともなく、純金積立の申込数も例年にないペースで増え続け、今や投資・資産運用の1つとして有名になりました。

2000年には、純金1gあたりの価格が、1,500円で取引されていましたが、2008年には3,000円を超え、今後も価格の上昇は続いていくと市場でも予想されています。

かつて純金の一大産出国で有名だったブラジルでも、今や純金の採掘量は年々下降気味で、枯渇状態が続いていますが、新興国などの経済成長が純金の需要を加速させ、長期で金価格の上昇傾向は維持されています。純金の埋蔵量が限られているからこそ、このような高い需要を誇っており、やはり投資商品として安定した成長の期待できる資産運用のひとつだといえます。

純金積立はリスクの少ない資産運用法

株や債券は一瞬で紙くずになる可能性が大いにありますが、純金積立は、純金(金地金)というそれ自体が価値を持つ「モノ」を購入するため、資産価値がゼロになるということがありません。

さらに不安定な経済情勢にあっても、金地金は、限りある代替の利かない資源ということで、市場からも人気が高く、安定した需要を生み続けています。そんな需要の高まりから、自然と上昇トレンドを描きやすいという理由があり、純金積立は「リスクの少ない長期的な資産運用」「他の投資と比べてメリットの高い資産運用」として広く認知されています。

そんな需要の高まりから、自然と上昇トレンドを描きやすいという理由があり、純金積立は「リスクの少ない長期的な資産運用」「他の投資と比べてメリットの高い資産運用」として広く認知されています。

また、金地金は株と違い上場廃止や倒産もありませんし、為替のように突然価格が急落することもありません。このことからも、非常にリスクの少ない投資・資産運用方法ということがいえます。

純金積立の投資の仕組み

純金積立とは、で詳しくお話していますが、純金積立とは毎月一定の金額で純金(金地金)を購入していく仕組みになっています。現金積立の仕組みと同様に、毎月指定した金額が自動的に金融機関から引き落としされ、その代金で毎営業日に金地金(ゴールド)を買い付ける仕組みになっています。

また、純金の買付方法には、積立型の投資商品に特有のドル・コスト平均法というシステムが採用されています。この積立の投資商品によく見られるドル・コスト平均法というのは、一定金額で一定の資産に継続的に投資する方法であり、購入できる量(金地金であればグラム)が値段(金価格)次第で変わるという仕組みになっています。

リスクを減らすためにも基礎知識をつける事が重要

純金積立を始めるには、まずは正しい知識を身につける事が必要です。「特定保管」「消費寄託」「ドル・コスト平均法」など難しい言葉も出てきますし、一定以上の大きな利益を上げた場合は確定申告による税の納付が必要になります。

純金積立だけにいえることでないのですが、投資に失敗するかしないかはあらかじめ勉強したかどうかにかかっていることがよくあります。勝てる人は必ず勉強しているのです。純金積立の勉強をして、メリットやデメリットを把握し、リスクを予測し、対処方法を考え、未来を読んでいく。

当サイトで紹介する純金積立の会社は、7年間純金積立を行い、失敗や成功を経験した当サイトの管理者だからこそ選べた「純金積立を安心して任せることのできる会社」だけを厳選しました。もしあなたが純金積立の会社選びに困ったら、是非参考にしてみてください。